MESSAGE 社員メッセージ

原田 まや

「自分たちのホテル」をともに創る仲間がいる

スタッフの思いに寄り添い、チームの力を発揮させたい

入社4年目にフロントチーフ、5年目にアシスタント・マネージャーへとキャリアアップしました。今の仕事で求められるのは、経営サイドと現場の橋渡し。スタッフの教育や売上などの数字にも目を配っています。予算達成はスタッフ一人ひとりの努力によるチームワークの結果ですから、達成感は格別なものがあります。今後もスタッフの思いに寄り添い、よりよいチームづくりに努めてまいります。

オリジナルで飲食店マップを作成!
自分たちでサービスを創れる

当ホテルでは、現場の話し合いでサービスを創っています。たとえば、ホテルがオフィス街にあるため、お客様から近隣の飲食店のお問い合わせを受けても土日、祝日はお休みというケースが頻発。そこでホテル周辺で、休日でも営業している飲食店のオリジナルマップを作成したところ、大変好評となりました。業務も現場の声で、日々改善されています。「自分たちのホテル」だと実感しますね。


大里 紗有見

一緒に考えた観光コースが、かけがえのない日本の思い出に

フロント業務以外でも
お客様とたくさんふれあえる

シティホテルなどは、フロントやベル、コンシェルジュなどの業務が分業されていますが、当ホテルは、すべてフロントが対応しています。アメリカから連泊で滞在されたご年配の男性は、東京をくまなく歩いて観光したいとのことで、ご一緒に観光コースを考えました。毎日お戻りになるたびに嬉しそうに写真を見せてくださり、チェックアウトのときも大変感謝されたことが、今でも忘れられません。

2014年ヴィラフォンテーヌ・アワードMVPに

新人時代は、フロントとしても社会人としても至らない点がたくさんありました。そんなとき、優しく教えてくれたのが上司や先輩です。その支えがあったおかげで、社員を表彰するヴィラフォンテーヌ・アワードでMVPを獲得。上司や先輩も自分のことのように喜んでくれました。この感動と感謝を忘れず、もっと成長して恩返ししたいと気持ちを新たにしています。


對馬 涼介

ホテルや私のことを覚えて、再会を約束してくださる方も

連泊も多く、深まるつながり
ロック話で意気投合したことも

当ホテルは外国人のご利用者様が多く、連泊も珍しくありません。その中で信頼が深まる方も大勢いらっしゃいます。ビジネスで来日されたドイツの方は、ホテルのサービスを気に入っていただき、「次はファミリーで来るよ」とご指名してくださいました。また、日本までバンドの公演をご覧にいらっしゃったロシアの方と、趣味のロック話で意気投合したこともあります。改めて、人と人が心からつながる事ができる仕事だと思える毎日です。

自分のサービスを心に残せる

ホテルはふれあいに満ちた職場

フロントがほとんどのサービスを担当するので、お客様と触れ合う機会が沢山ございます。海外の方からのメールでの問い合わせにも対応しており、チェックインのときに私のネームプレートを見て「あなただったんですね」と感謝されたことも。学生の皆さんにとってホテルは敷居が高いと感じるかもしれませんが、実はふれあいに満ちた温かな職場だと知っていただきたいと思っています。


小島 茉那実

風邪をひいた赤ちゃんのために病院をいくつも、いくつも調べて

別れ際にお客様が号泣
結べた信頼の深さが嬉しかった

韓国のお客様だったのですが、赤ちゃんが風邪をひいてしまい、お母様から外国人でも受診できる病院のお問い合わせを受けました。入社1年目の私にとって初めてのケースで、受診可能な病院を必死に探し、直接電話で必要な手続きや診療費などを問い合わせました。お母様にご案内し無事、治療を受けていただく事ができました。チェックアウトの際には号泣され、私も胸がいっぱいになりました。

ホスピタリティにあふれ、リスペクトできる先輩や上司

当ホテルは、社長が「あいさつ」「ノーゴシップ」「リスペクト」を理念として掲げています。そのためホスピタリティにあふれた社員ばかりです。上司や先輩は意見を聞こうと歩み寄ってくれますし、注意のときも次につながるアドバイスを示唆してくれます。私も、相手への尊敬の念を大切にしています。皆すばらしい人たちなので、当ホテルにご興味のある方はぜひ会いにきていただければと思います。